ページトップへ戻る

 
  
【重要】お届けにつきまして

いつも弊社オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が全面解除されましたが、 弊社におきましては、引き続き感染拡大防止策対応として、スタッフの出社人数を絞り業務に当たっており、 通販に関しましては、原則、火曜日と金曜日を出荷日とさせていただいております。

お届けまでの日数をできる限り短縮するべく、最大限の努力をしてまいりますので、 引き続き皆さまのご理解とご諒承を宜しくお願い申し上げます。

お届けいたしますお茶が、皆さまに少しでもホッとする時間をご提供できますようにと願いつつ、 皆さまとご家族の方々のご健康を心からお祈り申し上げております。
  • NewChattle
  • 新着
  • 中国茶講座

新着茶葉2020

一杯のお茶を飲むよろこび、
一杯のお茶を淹れるたのしみ、
そのかけがえの無い一杯のために
今年も遥か中国大陸、台湾、各地から
厳選した茶葉をお届けします。

最も有名な緑茶

新昌龍井

龍井茶とは?
Buyer's Memo
おすすめの淹れ方

龍井茶とは?

茶類:緑茶(炒青緑茶)

‘緑茶の王様’とも称される龍井茶。数千年の歴史がありその銘柄は何千、何万あるとも言われる中国茶の中で最も名が知れ渡っているのがこの龍井茶です。

形は美しく、色は翡翠のよう、味は甘く芳醇で、香りは馥郁として全てが整っていることから龍井茶の風味は「四絶」と讃えられるほど。

採茶後、数時間室内に置いて茶葉を熱した鍋の中で手を押し当てながら龍井茶特有の形である扁平に仕上げていきます。

ほのかに香ばしく甘い香りは「板栗香」とも呼ばれ乾隆帝の時代から今日に至るまで、広く長く愛されてる名茶です。

その昔、西湖の西にある龍井村で作られはじめた龍井茶は、現在では西湖周辺だけでなく浙江省全域で作られ、中でも紹興市新昌では産地の名を冠する品質に優れた龍井茶が作られています。

【産地】浙江省(全域)

Buyer's Memo

【新昌龍井】

2020年、遊茶がお届けする「新昌龍井」は、浙江省紹興市新昌県にある標高700mを超える’高山茶区’で育てられ、製茶されたお茶です。

実はこの茶園、昨年放送されたNHK「世界はほしいモノにあふれてる」のロケの時に出会いました。そのとき意気投合した茶園のオーナーに「来年はここの龍井を日本に届けます!」と約束した、そんな‘茶縁’がもたらしてくれた特別な一品です。

今年は新型コロナウィルスが世界に広がり、当たり前の日常が奪われた中で去年約束したお茶が順調に仕上がり、国を越えて無事、遊茶に辿り着きそしてこの春、みなさまにお届けできることを有難く思うばかりです。

もちろん龍井茶としての品質も確かなものに仕上がっていることは言うまでもなくふっと一息、美味しい一杯をどうぞ!

おすすめの淹れ方

【龍井茶】

茶葉の形が美しいので、その姿を眺めるのも中国緑茶の楽しみの一つ。お湯を注ぐと茶葉がゆっくり開いていきます。
透明な耐熱グラスや Chattle®でぜひ!お湯を注ぎ足しながらゆっくり楽しめます。

手順とポイント

  1. 茶器を温める

  2. 茶葉を入れて、湯を注ぐ

    このとき茶葉にお湯を直接当てないでね!

  3. 茶葉が開いてきたら飲み頃です

淹れ方の目安(300ccポット)

温度
85 - 95℃
3g
約1分
抽出回数
3 - 4煎
新昌龍井(しんしょうろんじん)
25g 2,052円

姿、色、味、香りの全てが‘完璧’と言われる龍井茶
お湯を注ぐと爽やかで香ばしい香りが立ちのぼります

新昌龍井【缶入り】(しんしょうろんじん)
25g 2,289円

かつて皇帝までもが魅了された龍井茶
今でも大切な方へ贈るお茶としてよく選ばれます

フルーティーな香りと忘れ難い余韻

東山碧螺春

碧螺春とは?
Buyer's Memo
おすすめの淹れ方

碧螺春とは?

茶類:緑茶(炒青緑茶)

数多ある中国緑茶のなかで、その類稀な外観と風味で知名度が高い碧螺春。年に一度だけ春に摘まれる茶葉は、清明節前の‘明前茶’が最も良いとされています。

白い生毛を全身に纏い、くるりとした華奢な形が実に特徴的。この白毫がたっぷりな程、品質が良いことの証し。上質なものは100gの茶葉に約1万5000もの芽が含まれています。

産地の江蘇省太湖洞庭山は温暖多湿で霧が発生しやすく、茶葉が育つのに非常に適した環境で、唐の時代、陸羽が記した「茶経」にもこの辺りで作られたお茶についての記述があるほど古くからお茶が栽培されていた場所でもあります。

柑橘系のフルーティーな香りと独特なコクを有する毫味は飲んだ人に忘れ難い味として記憶されるでしょう。300年以上前に清の康熙帝もお気に入りだったと伝えられる“名茶”で現在でも国内外で多くの人に愛されています。

【産地】江蘇省蘇州市(呉県)太湖洞庭山

Buyer's Memo

【東山碧螺春】

龍井茶と並んで中国緑茶の代表とも言える碧螺春ですが限られた生産量と人気に伴い現地でも年々価格が上昇してなかなか手が届かなくなってしまった銘柄、遊茶でも7年ぶりの入荷となりました。

このお茶が育った東山こそ、碧螺春の原産地という由緒正しい場所。茶園では茶樹と果樹が混在する‘茶果間栽培’が行われていて、果樹の作る日陰に茶樹が守られ、上質な茶葉が育つのに適した環境です。

今回入荷したのは4/4に摘まれた茶葉を、昔ながらの作り方で丁寧に製茶した明前茶です。

口の中に含むと繊細でフルーティーな香りが広がります。かつて飲んだ懐かしさに浸りながら飲むもよし、初めて飲んでこのお茶に驚くもよし、かけがえの無い一杯を味わってください。

おすすめの淹れ方

【碧螺春】

たくさんの生毛を纏い、小さく比較的質量のある碧螺春は、上投法(※)で淹れてみてください。

お茶水が濁るのは‘うぶげ’です。この白毫のおかげでこっくりした深みのある味わいに。フルーティーな香りとともに、茶葉がゆっくりと開いていくのを眺めながら、味と香りも変化していくのを楽しめるお茶です。

お湯を注ぎ足しながらじっくり飲むのがおすすめです。

※上投法:先にお湯を入れてから、あとで茶葉を投入して淹れる方法。白毫の多い、緑茶に向いています。

手順とポイント

  1. 茶器を温める

  2. お湯を注ぐ

  3. 茶葉を入れる

    先にお湯を入れてから、茶葉を入れます。

  4. 茶葉が開いてきたら飲み頃です

淹れ方の目安(300ccポット)

温度
85 - 95℃
3g
約1分
抽出回数
3 - 4煎
東山碧螺春(ひがしやまぴろちゅん)
10g 1,944円

龍井と双璧を成す中国緑茶の代表
ふんわりした白毫のコクと柑橘系のフルーティーな香り

深いコクと美しい三日月のような形

峨眉山竹葉青

竹葉青とは?
Buyer's Memo
おすすめの淹れ方

竹葉青とは?

茶類:緑茶(炒青緑茶)

お茶の始まりはどこ?との問いかけに“茶樹の発祥は雲南、茶の栽培と喫茶文化は四川にあり”と言われるほど実はお茶の歴史を語るには欠かせない地域である四川省。竹葉青が育つ峨眉山一帯も古くから緑茶が栽培されている茶区です。

1964年、この地を訪れた当時の副首相が峨眉山万年寺で休息をとった時、出された一杯のお茶を飲んでその味に感動したも定まった名称がなかったことから名前が付けられたと言われています。

そのお茶こそ、青々とした竹の葉のような姿をしたこの「竹葉青」でした。

一芯一葉、もしくは一芯二葉で摘まれ、整然と成形された茶葉には100gに約1万もの芽が含まれています。深みのある甘い香りと、しっかりした厚みが感じらる炒青緑茶です。

最近では2019年に静岡で開催された「世界緑茶コンテスト2019」で金賞に選ばれるなど、品質の評価は中国国内に留まっていません。

【産地】四川省峨眉山

Buyer's Memo

【峨眉山竹葉青】

長い長い中国茶の歴史からすると竹葉青という名称は新しいと言えますが名前を得た後、全国に広めるため、強力な広告宣伝を展開し、見事ブランド化に成功しました。以前、確か遠く北京の街なかでも‘竹葉青’の大きな広告を貼ったバスが走っているのを見かけることがありました。

お茶作りに於いても長年培われてきた製茶の技術を受け継ぎながら積極的にオートメーション化を進めるなどまさに‘伝統と革新’を取り入れて良質なお茶作りを目指しているといったお茶。

広大な茶園は標高600〜1500mの高山に広がり清明節前の30日間に間断なく、人の手で茶摘みが行われます。今回入荷した竹葉青は3/25に摘んだ明前茶です。

たけのこを思わせる甘い香りを感じながらグラスのなかを静かに浮き沈みする、整った茶葉を眺めて過去、未来、そして目の前の‘今’に思いを巡らせながら飲んでみるのも一興かと。

おすすめの淹れ方

【竹葉青】

グラスで淹れると美しい薄緑の揃った茶葉が直立したまま上下に分かれてお湯の中を漂い、やがて静かに沈むのを眺めることができます。

柔らかな甘い香りと、比較的しっかりとした旨味が緑茶を味わったという満足感をもらたしてくれるはず。

お湯を注ぎ足しながらじっくり飲むのがおすすめです。

手順とポイント

  1. 茶器を温める

  2. 茶葉を入れる

  3. お湯を注ぐ

    茶葉に直接お湯を当てないでね!

  4. 茶葉が沈んできたら飲み頃です

淹れ方の目安(300ccポット)

温度
85 - 95℃
3g
約1分
抽出回数
3 - 4煎
峨眉山竹葉青(がびさんちくようせい)
10g 2,160円

「世界緑茶コンテスト2019」で金賞受賞、注目の四川省の名茶
複雑で芳醇な甘い香りに厚みある滋味