ページトップへ戻る

台風21号、北海道地震で被害にあわれた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。 これらの影響により、関西以西の一部地域への配達が遅れる可能性がございます。北海道は一部地域で荷物のお届けが停止となっており、広範囲での到着の遅延の可能性がございます。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

  • 中秋節
  • 新着茶葉
  • 中国茶講座
  • スクール遊茶
  • 5400円以上で送料無料
  • ギフトラッピング承ります
  • 月餅あります
New Arrival | 新着商品
Sweets | お菓子を選ぶ
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日(出荷なし)
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日(出荷なし)
     
 

トップ > 緑茶 白茶 > 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing
新着商品 > 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing
1,001円〜3,000円 > 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing
茶葉 > 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing

新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing

新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing
新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing 新昌龍井 しんしょうろんじん xinchang longjing
拡大画像

This Tea

「龍井茶」は中国緑茶の大代表であると同時に、何百何千もある中国茶の中で最も名の知れ渡っているお茶です。「新昌龍井」の産地である浙江省紹興市新昌県は低山丘陵地帯に位置し、緑茶産地としては「高山茶」タイプ。「龍井茶」自体、お茶では初めて中国の産地指定を得ている上に、この「新昌龍井」も別途同指定を受けている由緒正しいお茶です。
 

Buyer's Memo

2018年の新昌龍井、今年は例年より芽吹きが早く、中国緑茶世界の「高山茶」にもかかわらず、清明節前の4月2日に製茶した堂々の「明前茶」です。それほどの早摘みにもかかわらず、程よく成長した茶葉は、「翡翠色」と言われる由縁を納得させてくれる美しい色合いを持ち、新茶のフレッシュさを残しながら青過ぎず、しかも焙煎香が先行しない香りに、甘く芳醇な味わいと、ほぼ満点の出来上がりになっています。
 

Data

6大茶類     緑茶
産 地    (中国大陸)浙江省新昌県
茶 樹    龍井43
製茶時期 2018年4月2日
内容量  25g

花・果実の香り
うまみ
甘い香り
しぶみ
焙じ香
ボディー
淹れ方の目安(300ccのポットに対して)
お湯の温度
85〜95
茶葉の量
5g
時間
1
抽出回数目安
3〜4
商品コード : 15210
価格 : 円(税込円)
ポイント : 61
数量
 

配送先ごとで、合計金額が5400円以上の時に送料無料。,講習会のみの申込みには送料はかかりません。

The Origin Story

昔も今も、中国国内茶葉生産地の全域で生産されており、生産量、消費量共に圧倒的シェアを誇る茶類。日本の緑茶とは加熱⇒揉捻⇒乾燥という基本的製茶工程を同じくしながら、各過程の加工技術の違いが両者間の個性の違いとなっています。特に日本は蒸し製、中国は炒り製を主流とする加熱方法の違いによる影響が大きく、日本緑茶の旨み、中国緑茶の香りに表現されています。また、中国緑茶は見た目=外観の美しさや独自性に価値を置く傾向が強く、形態のバリエーションの豊富さと精密製には目を見張るものがあります。。

And More ...

「龍井」といえば何百何千もある中国茶の代表であり、浙江省杭州市西湖周辺を原産地として、今も尚、一帯は最高級「龍井」の生産地として鉄壁のポジションを維持しています。

が、実は、少々個性を異にしながら、質の高さで優るとも劣らぬ「龍井」を生産しているのが同省紹興市新昌県であり、そのお茶がこの「新昌龍井」です。

“高山茶区”に属するこの地域では、恵まれた自然環境を生かした栽培並びに製茶方法が行われ、香り高く滋味に優れた典型的な「高山型」のお茶が作られています。

“国家原産地保護産品”に指定されいると同時に、2002年には「新昌龍井」の別称である「大佛龍井」が商標として登録され、名実共に中国を代表するお茶として広く認められています。

緑濃い扁平型の茶葉は昨年よりもやや大きめ。炒り緑茶特有の甘く芳ばし香りは乾燥茶葉の状態からでも明確です。少し湯温を下げて甘みを出すのもおススメですが、高めでざっくりと淹れることでより爽やかさが増します。お好みで淹れ方を変えてお愉しみください。涼やかな中にも確かな旨味を感じる今春の逸品です。


 
スクール情報

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。