ページトップへ戻る

台風21号、北海道地震で被害にあわれた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。 これらの影響により、関西以西の一部地域への配達が遅れる可能性がございます。北海道は一部地域で荷物のお届けが停止となっており、広範囲での到着の遅延の可能性がございます。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

  • 中秋節
  • 新着茶葉
  • 中国茶講座
  • スクール遊茶
  • 5400円以上で送料無料
  • ギフトラッピング承ります
  • 月餅あります
New Arrival | 新着商品
Sweets | お菓子を選ぶ
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日(出荷なし)
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日(出荷なし)
     
 

トップ > 水出しTEA > 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
大陸産烏龍茶 > 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
單ソウ(タンソウ) > 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
〜1,000円 > 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
茶葉 > 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang

【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang

【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang 【水出しTEA】鳳凰単ソウ蜜蘭香10g ほうおうたんそうみつらんこう Fenghuangdancong Milanxiang
拡大画像

This Tea

80銘柄にも上る鳳凰単欉の内、“十大蜜花香型”の1つに数えられ、その高い果実香と重厚な味わいで不動の人気を誇る。
 

Data

6大茶類 青茶(烏龍茶)
産 地 (中国大陸)広東省潮州市潮安県鳳凰鎮
茶 樹 鳳凰水仙
製茶時期 2015年6月
内容量 10g

花・果実の香り
うまみ
甘い香り
しぶみ
焙じ香
ボディー
淹れ方の目安( 750cc~1000ccのジャグ等に対して )
お湯の温度
常温
茶葉の量
1
時間
12時間
抽出回数目安
1
商品コード : 1016360
価格 : 円(税込円)
ポイント : 22
数量
 

配送先ごとで、合計金額が5400円以上の時に送料無料。,講習会のみの申込みには送料はかかりません。

品切れ
How to Make Iced Tea
The Origin Story
広東省の最も東寄りに位置する潮州市、標高1,000メートルを超す山々から成る鳳凰鎮が産地。一面に広がる肥沃な土壌に加え、年間を通じて降雨量が多く昼夜の寒暖差により霧のかかりやすい気候は、茶樹の生育に最適な環境。その山の斜面にある小さな村で丹精込めて作られたお茶が鳳凰単ソウです。主たる品種の鳳凰水仙から派生し、現在では約80品種にのぼる中でも鳳凰単ソウと名のつくものは特に優良とされています。単ソウとは「一株」の意味で、それぞれの個性を生かすべく1本の茶樹ごとに葉を摘み、単独で製茶したことが名前の由来。その結果、山韻と呼ばれる際立つ個性を有する多種多様なお茶が存在します。
And More ...
この地は南宋より続く茶の産地。宋代に著された歴史書には、南方に逃れた宋帝が鳳凰烏崠山を通過する際に山頂の樹木から採取した葉を煎じて飲んだ・・・という記録がありますが、実はこれらの茶樹は茶を作る為ではなく、実から油を絞る目的で農家の裏庭に植えられていたとのこと。その為、それらの茶樹は剪定や肥料、農薬の散布など、手間隙をかけられることなく、今でいうオーガニックな育てられ方をされてきた経緯があり、その育成法は現在に引き継がれています。
 
スクール情報記載エリア

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。