ページトップへ戻る

  • スクール遊茶
  • 8640円以上で送料無料
  • ラッピングご購入はこちら
  • LINE公式アカウント
New Arrival | 新着商品
Sweets | お菓子を選ぶ
Beginner | 初めての方へ
  • チャイレージクラブ会員特典
  • 個性で選ぶ中国茶
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業日(出荷なし)
出荷日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
出荷日
     
 

トップ > 新着商品 > 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
大陸産烏龍茶 > 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
鉄観音・黄金桂 > 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
1,001円〜3,000円 > 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
茶葉 > 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui

【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui

【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui 【缶入り】黄金桂 おうごんけい Huangjingui
拡大画像

This Tea

故郷は福建省安渓県。ここは鉄観音の産地としてつとに有名ですが、実は宝庫と呼ばれる程、多くの品種があります。しかし鉄観音の圧倒的な勢力に押され、それ以外のお茶は「色種」としてまとめられ、長くその他扱いされてきました。その中からいち早く優れた個性で抜け出し、存在感を示してきたのが、この「黄金桂」で品種名は「黄旦」と言います。際だって高い香を特徴とし、まるで天にまで届く程に素晴らしいという意味で「透天香」という別称を持ちます。また、中国大陸の烏龍茶の中で最も早く摘み取りが始まり市場に出ることから、緑茶の早摘み茶に見倣って"明前茶"と呼ばれることもあるようです。
 

Buyer's Memo

2020年の黄金桂も原産地である安渓県虎邱鎮羅岩村からやってきました。年によってミルクのようなバニラ香が際立つ時がありますが、今年は名称の由来にもなっている金木犀のような花香が主体。爽やかさですっきりしたのど越しは例年通り。十分にグリニッシュでありながら、青みに抑制が効いていて、程よい厚みとなっています。"ほぼオーガニック"の作りが持つ、素朴さと力強さを併せ持つ、極めて優れたお茶に仕上がりました。
 

Data

6大茶類    烏龍茶(青茶)
産 地        (中国大陸)福建省泉州市安渓県虎邱鎮羅岩村
茶 樹        黄旦
製茶時期  2020年5月
内容量   50g

花・果実の香り
うまみ
甘い香り
しぶみ
焙じ香
ボディー
淹れ方の目安(300ccのポットに対して)
お湯の温度
90〜100
茶葉の量
3〜5g
時間
2
抽出回数目安
4〜5
商品コード : 517009
価格 : 1,720円(税込1,857円)
ポイント : 55
数量
 

配送先ごとで、合計金額が8,500円以上の時に送料無料。,講習会のみの申込みには送料はかかりません。

ギフトラッピングについて

The Origin Story
鉄観音と同じ福建省安渓県が故郷。この地においては、量&知名度で断トツの強さを誇る鉄観音に押され、陰の薄くなりがちだったそれ以外の茶の中で、黄金桂は華やかで高い香り、優れた品質で異彩を放ち続けてきました。
And More ...
品種の黄旦は早芽種、すなわち芽吹きが早く、毎年、他の烏龍茶よりもいち早く市場に出回るのも強みのひとつで、年々生産量を増やしています。
 
スクール情報記載エリア

これから中国茶を始めたい!というかたにピッタリ! 基本的な知識はこれでバッチリの 1 回完結レクチャー。 お茶の種類や茶器の使い方、淹れ方の基本まで中国茶の基礎知識をバッチリ網羅。 お茶の試飲を交えた、あっという間の 90分です。